Yoshipan Blog - diary -

Perfume「COSMIC EXPLORER」ツアーのセトリと感想

公開日: 最終更新日:2017-01-20

Perfume COSMIC EXPLORERツアー

今年もやってきました、Adventarの季節が!!昨年に引き続き@massa142さんが立てられた「Perfume Advent Calendar 2016」に登録しました。やっぱりPerfume大好き@よしぱんですこんにちは!

@massa142さんがブログ記事「Perfume Advent Calendar 2016 1日目」の中でも書いてはりますが、今年のPerfumeと言えば、半年間に渡る「COSMIC EXPLORER」ツアーがメインイベントでした。「日本→アメリカ→日本」の3部制という特殊なツアーでもありました。

COSMIC EXPLORER ツアースケジュールと参戦成績

  • 2016年5月3日〜7月3日 アリーナツアー(日本・7箇所15公演)
  • 2016年8月26日〜9月4日 海外ツアー(アメリカ・5箇所5公演)
  • 2016年10月22日〜11月12日 追加公演・ドームエディション(日本・3箇所5公演)

ツアーの発表があった時は正直「ああ、また大阪がない…また近畿干されてる…」と凹みました。でも実家で息子を預かってもらって、5月の「サンドーム福井」2daysと6月の「和歌山ビッグホエール」2daysに参戦できました!あ、あと追加で発表のあった「京セラドーム大阪」の初日もなので、計5公演。自粛しているつもりだったけど、まあまあ行けてますね。(お父さんお母さん弟ありがとう!)

COSMIC EXPLORER 前半(アリーナツアー)のセトリと感想

※公式の「ネタバレ禁止」で長い間UPできなかったので、色々忘れていたり間違いもあるかもしれませんm(_ _)mご指摘いただけると有り難いです!括弧内は福井と和歌山での、個人の感想です。

  1. STORY(網戸に囲まれてる。文字が落ちる。格好良いけど早く3人が見たい、じらされ感。)
  2. FLASH(いきなり?!という驚きと、サビ前まで網戸が下がらず、焦らされまくってる感。)
  3. Dream Fighter(大好きな曲で泣きながらヒートアップ。)
  4. Next Stage with YOU(大股開いてドライブな振りがけしからん素晴らしい。ライブ見て益々好きになった曲。)
  5. メドレー【Relax in the City/透明人間/SAMT/不自然なガール/TSPS/コンピューターシティ/イミテーションワールド/Sweet Refrain】(TSPSの前奏できゃーってなったら歌唱なしで終わる裏切られパターン。)
  6. TOKIMEKI LIGHTS(可愛い。)
  7. Baby Face(あ〜ちゃん天使過ぎた。3人ともただただ可愛い。)
  8. NIGHT FLIGHT(手を振りながら奈落に落ちていく、これは良いはけ方。→前半戦終了。)
  9. Navigate(後半スタート。Perfumeらしい格好良い映像。)
  10. Cosmic Explorer(宇宙船を想定した可動式ステージに仁王立ちで歌う3人。振り付けはCEポーズぐらい。)
  11. Pick Me Up(こっからめっちゃ盛り上がる!!後半の山場)
  12. Cling Cling(Pick Me Upからの繋がり最高!会場の熱気半端ない!)
  13. Miracle Worker(一曲の中での緩急が素晴らしい。途中の長い間奏は会場皆でウェーブ。)
  14. 【3569】(スゴロクで曲を決める)+間にPTAのコーナー(いつもの流れ〜マツケンサンバ)
  15. 【3569】(福井初日:ジェニー・チョコ・彼募 / 福井2日目:ポリ・Handy Man・MY COLOR)
  16. 【3569】(和歌山初日:ワンディス・ポリ・FAKE IT / 和歌山2日目:ワンディス・エレワ・Party Maker) 
  17. Hold Your Hand(あー、もう締め曲だなっていう、余韻に浸りながら夢の時間が終わる覚悟をする)
  18. STAR TRAIN(アルバムRimix好きじゃなかったけど、今回のライブで好きになれた。珍しくアンコールが無かったけど、綺麗な終わり方だった。)

最高のステージだけど…曲順など「うーん…」なところもあった。

パフォーマンスは最高で、めっちゃ盛り上がって楽しかったしカワイイし尊いし、いっぱい笑って最後は号泣だったけど、今までのツアーと比べると、「なんでこの曲順にしたのだろう…」など、思うところもありました。

特に、昔からのファンの方とかツアーほぼ全通の方(海外含めて!)とかから、割と厳しめな感想が多かった気がします。(せまーい範囲での体感ですが…。)例えば…

  • FLASHの無駄遣い!→ DJ陣曰く、2曲目といえば「今回のツアーはこういう趣旨なんですよー(=アルバム曲からの選曲は必須)」を伝えつつ、アクセルをぐーんと上げていくところ。ここで今回メインに匹敵する映画主題歌を使ってしまうのはもったいない、とのことでした。なるほど。焦らされ感は網戸のせいかと思ってたけど、曲順なのかも。
  • メドレーの繋ぎのカラオケ感 → これだけの敏腕チームなんだから、やるなら徹底して誰もが唸る繋ぎをして欲しい。
  • 前半最後の「NIGHT FLIGHT」は今アルバムのコンセプトにも合うし、良い選曲だと思ったし、下がり方も好きだった。と思ったら、ツアースタートの宮城では無かったそうで…!!ちょっと曲順も違って、TOKIMEKI LIGHTSではけていったそうです。でも会場の空気とかアンケートをすぐに消化吸収して、ツアー最中でも進化させるのがやっぱりPerfumeですね!

CEポーズをする福井のゆるキャラなどなど…。あと、個人的にはタイミングが悪くてずっと生で聞けてなかったSweet Refrainがようやく聞ける!と楽しみにしていたのに、メドレーにされちゃったのが残念でした。アルバム曲だしドラマの主題歌だった割には不遇な扱いですよね、この曲…。でも、こういう「なんであの曲やってくれないの?!」みたいな不満って、持ち曲が増えた証拠ですね。何年も休まずリリースし続けてくれていることに感謝です。

あ、敢えてネガティブな意見だけピックアップしたけど、これの何百倍も良い感想はありましたよ、長くなりすぎるので割愛するだけで!!

COSMIC EXPLORER 後半(ドームエディション)のセトリと感想

※初日の京セラドームの感想です。

  1. Navigate(前回の後半戦が頭に来た感じで、セトリが変わってることにテンションが上がりました。)
  2. Cosmic Explorer(アルバムの曲順通りだけど、やっぱりしっくり来ます。)
  3. Pick Me Up(やっぱ盛り上がるよね)
  4. Cling Cling(素晴らしく盛り上がるよね)
  5. ワンルーム・ディスコ(Dream Fighterがセトリ落ちしちゃったけど、ドームなのでこの選曲は凄く納得。)
  6. Next Stage with YOU
  7. メドレー【Relax in the City/ナチュ恋/マカロニ/透明人間/TSPS/セラガ/心のスポーツ/Sweet Refrain】(TSPS、どうせまた歌わないのでしょって思ったら歌唱うパターン。あ〜ちゃん曰く「裏切りの裏切り」。)
  8. Baby Face(ここで前半戦終了
  9. 【Perfumeの掟 2016】後半戦の始まり、これはやられた!!って感じだった。なるほどドームエディションだ。)
  10. FLASH(メインの場所に持ってきてくれた!!強くて美しい3人の姿に、何故か涙が止まらなくなる。)
  11. Miracle Worker(アリーナでは会場ウェーブだったけど、ドームでは皆で手振り。楽しかった。)
  12. 【P.T.A.のコーナー】(マツケンサンバではなく、ポケモンGO風の映像でPerfumeを捕まえる演出。アメリカ用アレンジだろうな。日本発・世界共通コンテンツがあるって素晴らしい!!)
  13. FAKE IT(以下、3569の代わりに怒涛の5曲連続アゲアゲソング!!)
  14. エレクトロ・ワールド(やっぱり大好き。)
  15. Party Maker(めっちゃ盛り上がる、筋肉痛必至。)
  16. だいじょばない(盛り上がりすぎてヤバイ、体力全部持ってかれる。)
  17. チョコレイト・ディスコ(もう体力無いけど楽しすぎてドーパミン出まくってるから大丈夫。)
  18. STAR TRAIN(アゲアゲから、締め曲なしでイキナリ終わったので、「えっ、もう終わり…?!」ってなった。)

アリーナツアーでの「うーん…」な部分が見事クリアになったドームエディション。

アリーナツアーでは正攻法の「Navigate→Cosmic Explorer」でスタートせず、後半に持っていったのは新しい試みだったと思います。真面目で素直な性格の3人(特に、セトリのベースを作っているあ〜ちゃんかな)が、敢えての「裏切り」を試したのには、まだまだ現状で満足しない、挑戦・成長し続けたいという意思の表れだったのかなと、推測しています。

アメリカツアーでもセトリは違ったようだし、常に変化し続けるPerfume。

昨年のドキュメンタリー映画「Perfume WORLD TOUR 3rd」で、お客さんの反応を見て次の公演までの短い時間で選曲を変えている姿が流されました。バンドのライブだとその日の空気で急遽セトリが変わることはよくあるけれど、テクノロジーとダンスを融合させたPerfumeの緻密なステージでは、この急な変更は(3人にとっても、スタッフさん達にとっても)めちゃくちゃ大変なことでしょう。それでも改善し続けるのはPerfumeの3人がナマモノのライブを大切にし、そしてチームを信頼しているからだと思います。

「ドームでやる意味」をちゃんと出してくれた選曲と演出。

追加公演の発表で「ドームエディション」と出た時は、正直「キャパ1万人の箱で堪能した後で、同じものをドームで米粒で見て満足できるのだろうか…」と考えました。

でも実際は、(同じアルバムのツアーでありながら)別物になっていて、そしてちゃんと、「ドームでやる意味」のある選曲と演出もされていました。(Perfume初参戦の友達にはSTORYも見てほしかったけど…)

ドームだから、ワンルームディスコ

2010年に初めて東京ドームでライブ「結成10周年、メジャーデビュー5周年記念!Perfume LIVE@東京ドーム「1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11」」をしたPerfume。ウェディングドレスのような衣装で登場したGISHIKIからのシークレットシークレット、不自然なガール、GAMEと来て、5曲目の「ワンルーム・ディスコ」。イントロであ〜ちゃんが「東京ドーーーーーーム!」と初めて言葉を発して、会場がうぉーーーーーーーって爆発し、緊張から熱気へと一気に爆発した瞬間でした。

だから今回も、同じ位置に「ワンルーム・ディスコ」を入れて、そこで「京セラドーーーーーーム!」と叫んでドームを起爆させたいという意図を感じました。

(ちなみに和歌山の3569コーナーではこの部分で「わーかーやーまー!」とのっちが叫ぶことになって、貴重なものを見られました★ 流れで次のParty Makerで「ぱーてぃーめーかー!」と叫ぶのはかしゆかがやることになり、「私の声通らないのみんな知ってるよね!」と必死で回避しようとしているゆかちゃんが死ぬほど可愛かったです。)

ドームだから、「Perfumeの掟」

「Perfumeの掟」についてはADVENTAR初日の「Perfumeの掟 2016 #prfm|massa142’s blog 」で詳しく書かれているので省略しますが、掟の2016年バージョンが見られただけでも「来て良かった!」と思えました。

過去のPerfumeの映像の組み合わせと、2010年のドームの時に録られた声、そしてヤスタカさんの新しい音楽で構成されていました。新しく映像を撮り直す時間のない中で、ドームエディションとして出来ることを最大限考えた結果だと思います。

ここで昔の映像とか見ちゃうともう、涙が止まらないですよね…。やられた!!

唯一感じた、締め曲無しの違和感は、翌日には改善されたそうで…

京セラドーム初日では怒涛の上げソング5曲の後、突然STAR TRAINのビートが鳴って「え、もう終わり?!」と感じてしまいました。初参戦の友達はこれを「アンコールがあるからだ」と受け止めていたようで、終焉のアナウンスにびっくりしていました。

やっぱりここには「ジェニー」や「Puppy love」「MY COLOR」らへんの皆でコールや手振りをしながら終わりを覚悟できる1曲が欲しかったなと感じます。…と思ったら、京セラドーム2日目以降はチョコの前に「パーフェクトスター・パーフェクトスタイル」が追加されたそうで…!!羨ましさよ!!

色々書いたけど、やっぱPerfumeだな。

常に前を見て、一歩一歩着実に進化・成長し続ける3人の姿にはいつも感動し、勇気づけられます。私達は「あの曲やってほしかった」とか好き放題言っちゃうけど、曲もたくさんあれば人の好みもたくさんあるのだから、もう、本人達がやりたいことを自由にやってくれるのが一番良いのかも、と思います。3人が笑顔で楽しそうにライブしている姿を見られるのが一番です。

Perfumeのライブを見たことが無い方、みんなに見て欲しい!!

色々書いたけど、やっぱりすごいんです!リオオリンピック閉会式のクオリティが、ライブで見られます!テクノロジーも半端ないです!(語彙力…)
でも何より、大きさに関わらずステージ上に立つのは3人だけ、その3人の圧巻のパフォーマンスが魅力です。3人の姿を見て、私ももっと頑張らないとって、ものすごい前向きなエネルギーをもらって帰れます。TVなどで気になっている方は是非YOU TUBEを見て、DVDを見て、そして生のライブに足を運んで欲しいなと思います。一緒にこの沼にハマりましょう!!

昨年のPerfume Adventar記事「【Perfume Advent Calendar 2015】Perfumeとわたし。」も是非どうぞ!

よしぱんダイアリー > 音楽・ライブレポ タグ: , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top