Yoshipan Blog - housework -

無性にお料理がしたくなる同人誌「出汁がしみしみ。」

公開日:

同人誌「出汁がしみしみ」

YouTube番組もされているはざくみ(@hazakumi)さんと、もりかず(@r360studio)さんの同人ユニット「みきりは」さんが「出汁がしみしみ。おいしいだしと料理の話」というお料理体験本を作られました。

明日5月14日にインテックス大阪で開催される関西コミティアで出品されるそうですが、今日もりかずさんにお会いして一足お先にいただいたので、帰りの電車で読みふけりました!めっちゃ内容濃くて面白いし、1冊500円は正直かなりオトクだと思います!あと、無性にお料理がしたくなるし、無性に誰かとお出汁について語り合いたくなる本です。

詳細はこちら:みきりは同人活動 告知ページ

本で一番に紹介されていた、私も愛用中の「茅乃舎だし」

もりかずさんと話していた時に「かやのやだしって知ってる?」って聞かれて「いやー知らないですー」って答えたけど、パッケージの写真を見て「あ、知ってる、これ使ってるヤツ!!」とすぐに前言撤回しました。「茅乃舎」って「かやのや」って読むのね…知らなかったよ…。

この「茅乃舎出汁」、めーっちゃ美味しいです、これ使うだけでお料理上手になれる気がします!!オススメです!!

出汁愛あふれる24ページ

「出汁がしみしみ。おいしいだしと料理の話」の本に話を戻します、まずは何と言っても、漫画がめちゃくちゃ可愛くて癒やされます。それでいてお出汁の情報やレシピもしっかり掲載されていて有益な情報もたっぷりでした。(お出汁の粉ごと入れる炊込み御飯、今すぐ試したい…食べたい…。)

同人誌「出汁がしみしみ」

あと、「結婚祝い」でちょっと高価な出汁を送るのもステキなアイデアだなぁって思いました。

レシピもたっぷりだし、初心者にも分かりやすい出汁のとり方も載っているので、お料理本としても十分なボリュームです。(今まで「水出し」はやったことが無かったので本書の「だしカード」を元にやってみます!)

その上対談と読み物もかなりの情報量で、「お出汁」だけでこれだけ濃厚な1冊が作れちゃうんだ…と感動しました。

この「出汁がしみしみ。おいしいだしと料理の話」、今後も何かしらの方法で販売されると思うので、ご興味のある方は是非公式サイトをチェックしてみてください!

詳細はこちら:みきりは同人活動 告知ページ

お出汁を変えるとお料理がグレードアップする。

私も6年前に結婚するまではお料理完全初心者で、最初は「ほんだしがあれば和食はどうにかなる!」と思っていました。

初めて昆布でお出汁を取ったのは子どもが出来てから、離乳食のためでした。子どものために添加物が入った調味料は控えて「かつおと昆布の合わせだし」をとるようになり、だんだん面倒になって「無添加のだしパック」を購入するようになりました。

その後「結婚式の引き出物」と「法事の粗供養」で立て続けにもらった「茅乃舎だし」を使ってびっくり!お料理苦手な私でも、上品な料亭の味になっちゃう不思議です!!無添加だから小さな子どもにも安心ですね!

ちなみに実家の母は「千代の一番だし」を愛用しているそうで、これもめちゃくちゃ美味しいです。2000円程で「茅乃舎だし」は30袋入り、「千代の一番」は50袋入りだから、千代の一番の方が割安みたいですね。

…と、本の影響で「お出汁について語りたい欲」を夜中に発動してしまい、でも話し相手がいないのでブログにしました。

 

家事効率化 > 料理・レシピ タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top