Yoshipan Blog - webdesign -

Notionでバレットジャーナルをデジタル化

公開日: 最終更新日:2020-09-23

Notionの月間テーブル

タスク管理ジプシーを54829586回繰り返しております、@よしぱんですこんにちは!

色々なタスク管理サービスやアプリを散々試した後「バレットジャーナル」という箇条書き手帳術に出会い、2019年の1年間は「アナログ最強!」の時代を過ごしました。

が、2020年に入って情報管理アプリの「Notion」にどっぷりハマり、今はNotionを使った「デジタルバレットジャーナル」に落ち着いています。

まだまだ初心者ユーザーだけど、現在の私とNotionの付き合い方を残しておきます。

箇条書き手帳術「バレットジャーナル」って?

「バレットジャーナル」は既製品のスケジュール帳を使わず「好きなノート1冊で情報を一元管理」するのが一般的です。…が、私は「フューチャーログ」と言われる半年〜1年の予定表や「マンスリーログ」と言われるマンスリーカレンダーのページをイチから手書きで作成するのは面倒なので、ロルバーンのダイアリーを使用しています。

ロルバーンダイアリーは最初に年間の予定表、次にマンスリーページがあって、その後ろは「5mmの方眼ノート」がたっぷり100ページ以上もあるんです!!ここを「デイリーログ」「習慣トラッカー」「読みたい本リスト」などに使っていました。

▼「バレットジャーナル」は書籍も色々出ていますが、下記サイトがわかりやすいかな。
初心者でも簡単!バレットジャーナルの書き方の基本|コクヨマガジン

「進行中」「延期」「完了」タスクも見える化できるのが良い。

「デイリーログ」では「その日やること」を箇条書き(ラピッドロギング)で書き出します。ToDoアプリだと「完了したらチェックを入れる」だけですが、バレットジャーナルなら「進行中」や「別日に延期」「取り消し」「完了」なども印(KEY)をつけて可視化できるところがお気に入りです。

つまり、タスク管理だけでなくその日の「ログ」、日記のような役割にもなります!アナログなのでメモも書き放題です。

印(KEY)は、私はちょっとルールを変えて、下記のように使っていました。

↑私のバレットジャーナルの印「KEY」一覧

「Notion」を使えばデジタルで一元管理できる!!

2019年末に株式会社キテレツカイトさんが会社の業務管理に「Notion」を使われているというプレゼンをされていて、そこで初めて知りました。2020年5月から個人利用の場合は無料で制限なく使えるようになったので私も本格的に使うようになりました。

マークダウン記法が使えるので「メモ」使いにも便利

Notion」は「All-in-one workspace」とうたわれているだけあって、何でもできるんです!メモもタスク管理も、いろんなことが一元管理できてしまいます!!高機能ゆえ最初は戸惑いますが、まずはEvernoteみたいな「メモアプリ」のつもりで使い始めても良いでしょう。

Notionのメモリスト
↑テンプレートを参考に作ったメモ置き場
Notionのギャラリービュー
↑ギャラリービューで表示したメモ

Trelloのようにタスクのカードを「ボード」化することも可能

「ボードビュー」で表示することで、Trelloのようなカンバン方式のタスク管理も可能になります。

Notionのボードビューで作成したToDoリスト
↑カード1つ1つがページ(ブロック)になっていて、詳細を記入できます。

「Notion」でデジタルバレットジャーナル!

相変わらず本題までが長くてスミマセン!!やっと、「デジタルバレットジャーナル」の話です!

1日1ページの「デイリーログ」

まずは、1日1ページ(1ブロック)の「デイリーログ」を作成します。毎朝ToDoリストを書き出し、仕事中もデュアルディスプレイの片側に常に表示しています。途中で思いついたことや、食べたもの、参考にしたサイトのURLなどもこのページにメモします。

Notionで作成したバレットジャーナルのデイリーログ
↑私の休日のテンプレタスクです。

一般的なToDoアプリと違ってチェックを入れたタスクも消えずに表示され続けるのが私にはありがたいです。翌日に持ち越す時はアナログノートと同様に「→」マークを入力しています。

月別テーブルで「マンスリーログ」+「習慣トラッカー」

友達に「Notionはデータベースを使えると一気に出来ることが増える」と教えてもらいましたが、私は「デイリーログ」ページをデータベースとして、「月別のテーブル」を作成して一覧管理することで、それを体感しています。

月別テーブルには「腹筋ローラー(回数入力)」「チベット体操(回数入力)」「ブログ執筆(チェックボックス)」などの項目を入力できるようにして「習慣トラッカー」の役割も付与しました。
(この項目はテーブルのセルからでも、デイリーのページからでも入力できます。)

Notionで作成したバレットジャーナルのハビットトラッカー
↑What’s Dayのタイトルをクリックすると、デイリーログのページが表示されます。

「年間目標」や「読書メモ」もNotionで一元管理!

年間目標のように長いスパンで実現したい項目や、読書メモなども、Notionで管理しています。Notionが便利すぎて長年アナログで書いていた「読書ノート」も不要になりつつあります。

Notionで作成したブックレビュー
↑書籍名をクリックすると、各書籍の読書メモページが表示されます。

案件管理やセミナー中のメモにもNotionが便利!

マークダウン記法が使えるので、仕事や勉強のメモを取るのにも便利です。私は「案件ごと」に1ページ作成して、打ち合わせ内容や参考URLなどをどんどん記載していきます。それをタスクボードのカードにすることもあります。

あと、便利なのが「セミナー中のメモ書き」!これの何が良いかって、セミナー終了後にすぐにブログ記事としてコピペできること!!Notionがブログの下書き代わりになってくれます!最高!

いろんな箇所に散らばった情報の一元管理に便利!

もともとバレットジャーナルの概念が「予定・タスク・目標など、自分が管理したい情報を一冊のノートにまとめる」というものですが、Notionならばデジタルでそれを実現できると実感しています。

アナログの場合は最初に自分でINDEX(目次)を作成したり各ページに番号を振ったりして「探しやすくする工夫」が必要ですが、Notionの場合は左メニューがINDEX代わりになるし、ドラッグ&ドロップで位置変更したりFavorite表示したり階層化もできるので、情報が溜まった後の管理も楽ちんです。情報の整理&管理はやっぱりデジタルの強みですね!

オススメの使い方があれば教えてください!

Notionを使い始めて4ヶ月、まだまだ知らない機能もたくさんあって日々「こんなこともできるの?!」の連続です。皆様のオススメの使い方があればぜひぜひ教えてください!!
(そして「ここ間違ってるよ!」っていう部分があれば、優しく教えてください、優しくね♥)

Web制作 > 本・ツール・アプリ紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top