Yoshipan Blog - housework -

「電動ふわふわとろ雪かき氷器」で夏のQOL爆上がり!

公開日:

電動ふわふわとろ雪かき氷器で作ったかき氷

自転車で買物に行って玉子を無傷で持ち帰るのが日本一ヘタクソな主婦です、@よしぱんですこんにちは。どうやったら1個も割らずに持ち帰れるのでしょう、誰か教えてください!!

そんなダメ主婦が選ぶ「2016年に買ってよかったものNo.1」は「コードレス掃除機」でしたが、「2017年に買って良かったもの暫定1位(8月現在)」は間違いなく「電動かき氷器」です。(きっと年末には使用頻度が減って忘れるだろうから、夏の間にUPしちゃおう!)

かき氷器があると子ども達は大喜び!!

7月に滋賀のママ友さん達7人(+子ども14人 !)で自治会館に集まりました。そのうち3人が家庭用かき氷器を持ち寄って夏祭り風にしてくれていて、子どもたちは大喜び!!

この日以来「ああ、かき氷器いいな、うちも買おうかな…」と、手動の安いかき氷器を物色しはじめました。(ちなみにこの日がきっかけで他のママ友さん達3人もかき氷器を買ったそうです。影響力すごい!)

せっかくだから「パウダースノー」みたいな美味しいかき氷が作りたい!

そんな折、京都の北野天満宮近くの茶寮で美味しい「黒蜜きなこかき氷」を食べて、私のかき氷欲が爆発しました。

黒糖きなこかき氷! #かき氷 #和スイーツ #京都 #北野天満宮近く

よしぱんさん(@yoshipaan)がシェアした投稿 –

せっかく買うなら「ふわふわのパウダースノー状のかき氷が作れるかき氷器が欲しい!」と、どんどん欲深くなります。

ドウシシャ「電動ふわふわとろ雪かき氷器」2017年モデル DTY-17BK

…という訳で、吟味した結果「電動ふわふわとろ雪かき氷器」を購入!!

お値段は5000円ちょっとだったので「電動でもそこまで高くないのね」という印象です。Amazonの「かき氷メーカー」カテゴリでもベストセラー1位を独走中の、割と話題の商品だったのですね!

台湾風かき氷が作れるのが特徴!

電動ふわふわとろ雪かき氷器のパッケージ

糖分が入った氷は普通の氷より柔らかくて、普通のかき氷器では上手く削れないそうです。でもこの商品は柔らかい氷もしっかり押さえて削れる特殊構造なので、シロップや練乳、牛乳を凍らせて作る「台湾風かき氷」も作れちゃうのがウリです!

パッケージも台湾風かき氷代表(?)の「マンゴーかき氷」の写真です。商品が到着して、箱を見た瞬間に「かき氷食べたい!作って!」とせがむ4歳児。「氷を作らないとできないから1日待って!」と言い聞かせるのに苦労しました。

製氷カップは買い足した。

電動ふわふわとろ雪かき氷器専用の製氷カップ

製氷カップは2個ついています。カップ1個で大人3人が満足できる量は作れたので、家族だけで使うのなら付属の2個で十分でしょう。

私は「お友達を呼んでかき氷パーティーをしたい!」と夢が膨らみすぎたので、別売りの「製氷カップ4個入り」も購入しました。(食洗機対応だったら「言うこと無し!」なんだけどなぁ…カップが増えると手洗いが地味に面倒ですね。)

「お客さんいっぱい来てくれることを考えたら、あと4個ぐらい買い足した方が良いかな…??」と皮算用状態で夫に相談したところ、「いや、作った氷をジップロックとかに入れて保存しとけばいいやん。」と言われ、「天才か…!!」と思いました。

あれ、もしかして思いつかなかったのって私だけ…?!

(※ただし冷凍庫に長時間入れた氷は霜がついて美味しくなくなるので、出来るだけ作り置き期間は短い方が良いそうです。)

ふわふわ美味しいかき氷が簡単に出来る!!

前置きが長くてスミマセン、やっと実際に作ってみた感想ですが…めっちゃ美味しいです!!不器用な私でもボタンを押すだけで、キメの細かいふわふわかき氷ができました!

私のお気に入りは宇治市民らしく「グリーンティー(粉末)」をのせただけの宇治氷。あんこや白玉をトッピングすれば立派な宇治金時になりますね。
電動かき氷器で作った宇治金時

定番のいちごシロップのかき氷は、牛乳で作った氷にトッピングすると「いちごみるく」になって美味しさUPでした。(下の写真は普通の氷のだけど、牛乳氷だとリボン状に削れてトロトロ感が増します。)
電動かき氷機で作った練乳いちごかき氷

他にも、加糖コーヒーで作った氷に練乳をかけたり、フルーツジュースで作った氷にマンゴージャムをかけたり、色々試していますがどれも美味しくできています。そろそろ難易度を上げて果実入り氷も試してみたいな。

かき氷シロップは井村屋のにすれば良かったなぁ…

かき氷シロップ「氷みつ」

私は「天然甘味料使用!保存料ゼロ!」の体に優しそうな文言に惹かれてドウシシャの「はちみつ入り氷みつ」を注文しましたが、合成着色料の「赤色2号」が入っていました。やっぱり食品は実店舗でちゃんと表示見て買わなきゃダメですね…。

いやぁ、お祭りとかで年に数回しか食べないなら気にしないけどね、家で子どもが頻繁に食べるものは出来るだけ安全なモノを選びたくて…。

井村屋の「こだわりの氷みつ」は合成着色料不使用だったので見つけたら買い直します。(パウチで200円ぐらい。Amazonだとセット販売で高めだったので実店舗で探し中。)

かき氷器のお陰でちょっと贅沢な夏が過ごせるように。

電動かき氷器で作ったかき氷を食べる4歳児

外で遊んで汗だくになった後、「家に帰ってかき氷しよっか!」と言えるのは幸せです。

「まだ帰らへん!もっと遊びたい!」と公園でゴネる息子も、かき氷の一声でおとなしく家に帰ってくれます。

氷さえ作っておけば好きな時に美味しいかき氷が食べられるし、基本は水で出来るからコスパめっちゃいいです!もうね、ひと夏で元とれちゃうよこれ!!

もっと早く買えば良かったという後悔しかない「今年買って良かったもの暫定1位」の電動かき氷器、あと数ヶ月はホームパーティーでも活躍してもらうつもりです!!

▼Amazonにリンクします。(8/20現在、5,334円です。)

家事効率化 > 料理・レシピ タグ: ,

“「電動ふわふわとろ雪かき氷器」で夏のQOL爆上がり!” への1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top