Yoshipan Blog - diary -

ソフトバンクからワイモバイルにSIM乗り換え、超簡単だった。

公開日: 最終更新日:2021-02-18

ワイモバイルの電波

ついこないだ「新年の抱負」をUPした気でいたのに、もう2021年を1ヶ月半も消費しちゃったのですね。昨年から引き続きのステイホームで代わり映えしない毎日を過ごしています、@よしぱんですこんにちは。

そんな中、抱負に掲げていた「格安SIMへの乗り換え」だけは実行できたので「備忘録」として残しておきます。

※私は月に1〜2GBしかデータ容量を使わないため、低容量のプランを求めてワイモバイルを選択しました。同じソフトバンクで大容量プランを希望される方は、ワイモバイルよりも3月17日スタートの新ブランド「LINEMO」(20GB 2728円)が良いと思います。2/18からのワイモバイルの新料金プランと合わせて、色々比較検討してみてください!

めちゃくちゃ簡単だった、SoftbankからY!mobileへの乗り換え

1年前から「Softbankのスマホ代高いなー、乗り換え検討しないとなー」って思いつつ、「でもまあ、田中圭さんがCM出てるしいっか」と動かなかった私。「携帯代値下げ」が本格化してドコモの新料金発表にぶっ飛んだけど、我らがソフトバンクでは期待したような値下げはなく、ワイモバイルで安価な新プラン(2/18受付開始)が発表されたので乗り換えることにしました。

2年半前に購入したiPhoneXは2年かけて割賦支払いが完了しているので、SIMだけ乗り換えて機種は継続利用します。(割賦支払い中は割引もあったけど、この半年は毎月7000〜8000円ほど払ってた。ずっと家に居るので1ギガちょっとしか使ってないのに!もっと早くに見直せば良かった。)

Yahoo経済圏に囲まれし人間のため、移行先はワイモバイル一択に。

もしも私が「楽天カードを所有し、楽天市場でお買い物して楽天証券で投資している楽天経済圏の住民」だったら「楽天モバイル」を選んだと思います。

私はSoftbankによって「YahooカードとPayPayなしでは生きていけない体(=ヤフー経済圏の民)」に育成されてしまったので、買物はできる限りYahooショッピング(Softbank・Y!mobileユーザーは問答無用でプレミアム会員なので日曜のポイントの貯まり方がエグい!)になっています。

iDeCoや積立NISAを始める時に「楽天カードを持っていて楽天市場で買物する人なら投資でポイントが貯まる楽天証券が一番オトク!」というのを随所で見かけたけど、今からそっちに移り住むのはしんどいなーと思って「SBI証券(Yahooと提携。Tポイントが貯まる)」で開設しました。

結果的には、手続きはすべてオンラインで完了、同じSoftbank社での移行なので超スムーズでした。(他社からの乗り換えだとPayPayボーナスが3000円とか6000円とかもらえるらしいけどね!)

【1.事前準備】キャリアメールで登録しているサービスの変更など

Softbankの一番安い料金プランに変更

私は毎月データ容量は2GB使わないぐらいですが、今までは「メリハリプラン(料金プランのページ見ても「家族割」「ソフトバンク光割」「半年オトク割」とかが加算されててよくわからないけど、2GB以下なら7800円ぐらい?)」に入っていました。

が、2月の途中で乗り換えることを考え、一番安いミニフィットプラン(1GB以内なら4380円ぐらい?)に変更しておきました。

大昔からプラン変更していない方は「2年縛り」等が生きてて期間外にSoftbankを解約すると違約金が発生する可能性もあります。事前にSoftbankの他のプランに変更することで、違約金は回避できます!(私は半年前に、縛り有りの「ホワイトプラン」から「メリハリプラン」に変更しました。)

キャリアメールで登録しているサービスのメルアド変更

「○○@i.softbank.jp」のキャリアメールが使えなくなるので、このアドレスで登録しているサービスは事前にメールアドレスを変更しておく必要があります。

真っ先に思い浮かんだのが「田中圭モバイル」でした。継続年数によってランクが上がるシステムだから、引き継ぎに失敗して振り出しに戻るのは嫌過ぎます。(誰の役にも立たない情報を書いてる自覚はありますごめんなさい!!)

あとはLINEとか、息子の小学校のMLとか、いくつかのアプリでメールアドレス変更を行いました。

スマホデータのバックアップもとっておく。

バックアップはiCloudで普段からしてるけど、念のため、Mac本体にもすべてのデータをバックアップしておきました。(結果的には不要だったけど、念には念をね!)

【2.SIMロック解除】My SoftbankでSIMロック解除の申し込み

My Softbankにログインして「SIMロック解除手続き」のページに移動、iPhoneの製造番号(IMEI番号)を入力すればOK。一瞬で完了です!

iPhoneのIMEI番号は「設定」>「一般」>「情報」を開いて、スクロールすると「IMEI」という項目が出てきます。

参考:[My SoftBank]SIMロック解除の手続き方法を教えてください(通信サービス契約中のお客さま)。

【3.SIM申し込み】Y!mobileでSIM申し込み

ワイモバイルの「SIMカードを購入」ページのフォーム内、「契約方法」で「新規契約」「他社からのりかえ」「ソフトバンクからのりかえ」が選べます。

SIMカードのサイズを確認するページもありました。iPhoneは「nanoSIM」なのですね。

「ソフトバンクからのりかえ」を選ぶと「My SoftBankログイン」ボタンが表示され、連絡先等が引き継がれました。楽ちん!

【4.SIM差し替え】iPhoneのSIMを差し替える

申し込みの2日後に宅配便でSIMカードが届きました。同封されているパンフレットに記載の番号に電話して「今からSIMをのりかえます!」ということを伝えます。(実際は自動音声でピッピで完了。6日以内に電話しないと勝手に手続きが始まるらしいので、自分の都合の良い時間帯に電話した方が良いですね)

電話を切った直後、iPhoneからソフトバンクの電波表示が消えました。

早速差し替えるぞ!…と思っても、当然「iPhone本体購入時に同封されていたSIMピン」なんて残していません。検索すると、クリップで代用する方法が出てきました。ありがとう、先人の知恵!!

参考:iPhoneのSIMトレイを取り出す方法 ピンを失くしたときの裏ワザも伝授!|モバレコ

SIMを差し替えるとあっという間に「Y!mobile」の電波が表示されました。所要時間5分弱で完了です!!

その後、My Y!mobileの登録など初期設定が少しあったけど、スマホは元の状態のままでバックアップ復元などもせずに使い続けることができています。

SIM乗り換えの感想

同じSoftbank回線だからなのかな、繋がりやすさ等は以前と全く変わりません。事前準備を除けば本当にあっという間に乗り換えできるので、感想は「もっと早くにやっておけばよかった!!」しかありません。

私は新プラン登場直前のキャンペーンで乗り換えましたが、後々は月額1980円の「シンプルS(データ容量3GB)」に変更予定です。

本当は家族みんなで携帯会社を合わせるのがベストだけど、夫はドコモによって立派な「d払い商業圏の民」に仕上げられているため、息子がスマホを持つ頃まで我が家の「家族割」はお預けです。

各キャリア新プランも出揃って、「私達はなんであんなに高い携帯代を払ってたんだろうね」って不思議に思う日も近いのだろうな。携帯代に限らず、これを機に家計全体の見直しも行ってみます!

よしぱんダイアリー > 買ってよかったもの タグ: , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top