Yoshipan Blog - webdesign -

WordCamp Kyoto 2017登壇「のんびり更新でアクセスを伸ばす方法」

公開日: 最終更新日:2017-09-07

先週末、2017年6月24日(土)・25日(日)に京都大学でWordPressコミュニティのビッグイベント「WordCamp Kyoto 2017」が開催されました。WordCampにはこれまでにも何度か参加していますが、今年はまさかの登壇者としての参加でした。

朝イチにも関わらず沢山の方に来ていただき、本当に本当にありがたかったです!

登壇内容「のんびり更新でゆるゆるとアクセスを伸ばす方法」

当日の様子

当日は、人気ブログ「ごりゅご.com」でご夫婦で記事を書かれている、はるぅなさん(@haruna1221)がツイートで実況してくださっていました。 ありがとうございます!!

反省点も多かった…

時間内に収めなければ…と考えすぎて飛ばしすぎた。

「スライド15分・質疑応答5分」で計20分のショートセッションでしたが、練習では何度やっても20分を超えていました。次のセッションとの転換時間がないので遅れるわけにはいかない…というプレッシャーで、当日はめっちゃ早口&飛ばし気味で進めてしまい、結果14分でスライド終了。

ああ、もっとゆっくり喋れば良かった…と、時間配分の難しさを思い知りました。質問してくださった会場の皆様に助けられました、ありがとうございます!!

「Web制作者が多いだろう」という思い込みを捨てるべきだった。

今回私は「ブロガー」よりでの登壇でしたが(…って全っ然更新してなくて、ブロガーを名乗るのが恐れ多いですが…)、「WordCampに来られる方はWeb制作者が多いだろう」と思い、皆が知っているであろうことはかなり端折ってしまいました。

でも後で声をかけてくださった方々の肩書はバラバラで、全く違う業界でお仕事されながら独学でWordPressでブログを書かれている方もいはったので、例えば「Google Analytics」「meta description」「SNSシェアボタン」とか、当たり前にさらーっと流してしまった言葉もちゃんと説明した方が良かったな…と反省です。

沢山の方に声をかけていただいて、私も沢山刺激をもらえました!

会場でウロウロしている時や懇親会で「セッション聞きました!」と声をかけてもらえること・感想を言ってもらえることがとっても嬉しかったです!!Tシャツ効果(登壇者はグレーの超カッコイイTシャツを着ることができる)のお陰ですね!

WordCamp京都 よしぱん

お話聞くと皆さんちゃんとブログ更新してはって、私よりもずっと真摯にブログに向き合っている方が多く、「あー、私ももっと頑張らないと!!」と良い刺激をたくさんもらえました。

▼お話を聞いて「面白そう!」と思ったブログです。

  • Trip Works … 会社員を続けながら世界一周を目指す旅ブロガー@Trip_Worksさんの海外旅行Tipsブログ。「旅行に行く時間がない!」って諦めてる社会人の方も多いと思うので、どうやって時間を捻出されているのか参考になります!
  • 踊る40 … アラフォーでダンスを始められた@odoru40さんのブログ。物事を始めるのに年齢は関係ない、楽しく生きることが大事っていうポジティブな気持ちにしてくれるブログ、更新楽しみにしています!

ありがとうございました!

WordCamp Kyoto 2017」のテーマである「縁」の通り、たくさんのご縁が出来た素晴らしいイベントでした!実行委員長のおかもとさん(@motchi0214)の人柄と巻き込み力、そして実行委員の皆様の入念な準備のお陰で、とっても楽しませてもらいました。巻き込まれてみて良かったです。

本当は翌日のコントリビューターデイも、月曜日のWordBench京都も参加したかったけど、今の私にはこれが限界。前日は実家に、当日は義実家に息子を預かってもらっての参加でした。

酔って終電で帰る嫁を暖かく受け入れてくれる義実家にも感謝。あと、雨に濡れて足がめっちゃ臭くなって「この臭いのまま旦那の実家に行くのイヤやー!」って言ってたら汗拭きシートをくださった川井さん(@sakuragi_kei)にも感謝です!

感慨深くツイートしたものの…

飲むと誤字脱字が急増するよしぱんですが、こういうツイートだけは間違えたくないし、特に「イベント名とか固有名詞の表記間違いは許されない!」と慎重に打ったハズなのに…

今確認したら「WordCamp Koto」って書いてるやん私!!

Web制作 > セミナー・イベント タグ: , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top